遠州常民文化談話会

トップ > 見付かぼちゃnの特徴と栄養 

見付かぼちゃの特徴

見付かぼちゃは、粉質、ホクホク感の西洋かぼちゃに比べて、粘質、ねっとり感で食感が全く異なります。このことは喉通りがよく、高齢者や幼児向きの食材といえます。栄養価的には西洋かぼちゃと比べ、一長一短がありますが、カロリーが少なく、タンパク質やカルシウムが多く、よりヘルシーな食材といえます。更に水分が多いためにサラダ等の生食により、酵素を摂取することもでき、また、皮が柔らかく、皮ごと食することができるため、実と皮との間にある栄養価の高い部分も食する事ができます。

かぼちゃは老化を予防し体の免疫力を高める栄養成分(カロテン)が多く含まれます。カロテンは油類と共にとると吸収が高められるので、天ぷらなどの料理にも適しています。

また、西洋カボチャに比べ葉酸が豊富に含まれるため、妊娠中の方にも最適な食物です。

    ≪食べ比べてみた比較・食感≫
  • 見付かぼちゃ: 粘質、ねっとり感あり、飲み込み易い
  • 西洋かぼちゃ: 粉質、ほくほく感あり、むせる
見付かぼちゃの栄養価
≪栄養価の比較(100g中の含有量)≫
成分見付かぼちゃ
(日本かぼちゃ)
西洋カボチャ
カロリー(kcal) 60 93
タンパク質(g) 1.9 1.6
炭水化物(g) 13.3 21.3
カリウム(mg) 480 430
カルシウム(mg) 24 14
マグネシウム(mg) 15 24
リン(mg) 50 43
αカロテン(μg) 45 18
βカロテン(μg) 810 3900
ビタミンB1(mg) 0.08 0.07
葉酸(ビタミンB複合体)(μg) 75 38
(データ出所:日本食品標準成分表2015年版)